読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

や16ぁ

やる気なんて初めから無かったんだなぁ

ToHeart2 ダンジョントラベラーズ(PS Vita版)

私の中で2014年は伊藤静後藤邑子小林ゆうに尽きた。というわけでよく調べもせずCM見ただけで本作を購入してしまったわけだけれども。

分かっていたのはToHeart2のキャラによる3DダンジョンRPGであるということのみ。対戦格闘ゲームの「アクアパッツァ」では環使い。本作でも環は常にパーティに投入。しかし原作は未プレイ。どうだ、全く訳分かんねぇだろ。

近年遊んだ3DダンジョンRPGが「世界樹の迷宮」シリーズだったりするので本作はそんなにハードルを高く感じず、なかなか遊びやすかった。Amazonのレビューを見ると発売直後はバグで敵方の攻撃順番が回ってこないらしい。そりゃヌルゲーだわ。私がプレイする頃には修正パッチがリリースされていたようで、ちゃんと敵の行動順も考慮して戦闘する必要がある。

レベルアップによりクラスチェンジが2回行え、キャラメイキングの幅は広い。スキルはレベルアップごとに手に入るスキルポイントを割り振って修得するシステムで、スキルの数に対してスキルポイントの余裕がないので計画的な割り振りが求められる。また、スムーズに戦闘を進めたければパーティの中で明確な役割分担が必要となり、役割を意識したスキル修得を考える必要がある。序盤であれば無計画なスキル振りでも問題ないが、先に進めば進むほどスキルが重要になってくる。おそらく詰むことはないだろうが相当苦労することになる。

それを踏まえた上でかレベルリセット機能が搭載されており、育成をやり直すこともできる。「世界樹の迷宮」の休養システムみたいなもののほうが気軽にレベルリセットできるが、本作はクラスチェンジがあるため、仕方ないところではある。

元はバラエティソフトの中の一作品で、ボリュームアップされて単体作品として発売されたらしい。魔導物語みたいなもんだな。元作品のプレイ経験はないが、本作をプレイする限りでは3DダンジョンRPGとしてかなりしっかりした作りで、ダンジョンに潜る楽しみは十分に味わえる。ただ、味方はもとより敵も女の子キャラが多いので、遊んでて「ドラゴンナイトII」を思い出す。