や16ぁ

やる気なんて初めから無かったんだなぁ

限りある人生だからこそ「邪聖剣ネクロマンサー」の攻略を断念する

PCエンジンminiが発売されてしばらく、今年のゴールデンウィークの前半は「邪聖剣ネクロマンサー」に費やした。地獄と称されるパスワード入力が不要となった今だからこそ、経験したかったのだ。

しかしながら、その他の仕様についてはDQII後DQIII前の時代における野心的すぎる仕様のままなので決して易しく、親しみやすいゲームではなかった。そして私は「邪聖剣ネクロマンサー」に時間を費やす心が折れた。その経緯を記していく。 ゲームスタートすると町に放り出されている主人公。道に沿っていくと城があるのでそこに入るのだが、人物と建物のサイズ感の違いに戸惑いを覚える。人物があまりデフォルメされていないのに建物がきっついデフォルメがかかっている故のアンバランスか。 王(の遺命を受けた誰だお前ら)からの依頼を受諾し、旅の仲間を選ぶ。このシステムは面白いし当時としても斬新だったと思う。ゲーム自体が楽しければ何度も楽しめただろうに。

事前知識のないまま開始したため、魔法使いっぽいライムと重戦士のバロンを選んだ。なんかDQIIのパーティっぽいし。主人公はサマルトリアの王子風。そんな軽い気持ちで選んだメンバーに仕様の罠。

本作は素早さのパラメータが行動順だけではなく命中率、回避率にシビアに影響するため、素早さの低いキャラは素早いキャラに比べ攻撃が当たりづらい。それでも序盤は大きな差にはならないので個性で済むのだが、先に進むと「トドメの一撃を外して手痛い反撃を食らう」というシチュエーションが多発し、イライラが募る。かと言って素早さの高いキャラで編成すると火力が低いので戦闘に時間がかかり、先に進むのに時間がかかる。なかなかハードなバランス。

移動もハードなバランスだ。何がハードって次の目的地までの道のりが分かりづらい。というか道がない。道がない森の中の街、砂漠の中の街を、自分が歩んでいる道は正しいのかどうかという不安を抱えて進む。道中の戦闘で削られつつだ。次の戦闘で一旦戻ろう、というタイミングで次の街が見えてくる。ある意味奇跡的なバランスかもしれない。

という感じで、敵キャラデザインの不気味さよりもシステムが私の心を折りに来る。次第に「なんでこんな思いをしてまでプレイしているんだろう」と思った私はこのゲームの攻略を断念するのだった。

ちなみに高橋名人はノイローゼになりかけながらも全組み合わせでクリアしたらしい。なにそれ、ノイローゼになるゲームって。

落ち穂拾い

十年もブログを続ければ色々ある、と書こうとしたが15年目になってた。色々ある。当時は妥当だったことも今ではそうではないこともある。ということで過去の始末をつけるように書いていく。

ダライアスバーストCSサイドアーム問題

ダライアスバーストCSのサイドアーム自機の取り扱い方法がよくわからない - や16ぁ

  • Bit、S.G.、M.B.L.のレベルを上げて武器チェンジボタンを連射するだけで超強力キャラに変身
  • S.G.の弾消し効果を維持しつつ弾切れをキャンセルして他の武器が使えるので強い
  • 私が試したときはすでに調整が入って弱体化したがそれでも強い
  • 合体はアームが切れてからが本番。パワーさえ溜めれば1回被弾しても大丈夫という保険は大きい
  • 2年前くらいにエントリーに書く予定だった

今のKeePass界隈

パスワード管理ソフトのチョイスに悩むマカー - や16ぁ

KeePassX

5年も経つと色々と様変わりするもので、変わっていないのはKeePass公式がMacで使いたかったらMono使えって言ってることくらいだ。

  • さんざん勧めていたKeePassXは2016年で開発が止まってしまった。
  • しかし、KeePassXからフォークして誕生したKeePassXCが元気にバージョンを上げている。
  • 見てくれ公式サイトのデザイン。なんて今風なデザインなんだ。
  • WindowsでもMacでもLinuxでもちゃんと動作する。自動入力もちゃんとできる
  • さらにKeePassではなんか面倒だった(そしてなんか成功しない)ブラウザ連携も標準装備。各ブラウザの拡張機能として提供されていてアカウント入力のプレースホルダをクリックするだけでアカウントとパスワードが自動入力されてしまうのであった

MiniKeePass

  • 開発が止まってもiOSのバージョンが上がっても使えていたのだが、iOS13でついに動作しなくなった。iOS13結構エグい変更あったしね……。
  • しかしMiniKeePassにそっくりなUIのKeePass Touchというアプリが登場。iOS13で動作するし使い勝手はMiniKeePass同等なので乗り換える。いつしかMiniKeePassはApp Storeから消えていた。
  • ということでKeePass Touchで良いということになるかと思いきやそうでもなく、どうもKeePass Touchはライセンス的にアウト(Is KeePass Touch a fork of this project? · Issue #606 · MiniKeePass/MiniKeePass · GitHub)の可能性があるので、金はかかるがStrongboxやKyPassを視野に入れる必要があるかもしれない。めんどくせえ1Passwordにしてやろうか。
KeePass Touch

KeePass Touch

  • Innervate
  • 仕事効率化
  • 無料
KyPass 4 - Password Manager

KyPass 4 - Password Manager

  • Miguel Vanhove
  • 仕事効率化
  • ¥860
Strongbox - KeePass & PwSafe

Strongbox - KeePass & PwSafe

  • Mark McGuill
  • ユーティリティ
  • 無料

Ys Origin

PS4版がセール(当時)だったので購入。

移植はDotEmu。やっぱり実績が鬼。

主人公が2+1人。トゥルーエンドを見るためには3周する必要があるが、1周あたりのプレイ時間はそれほどでもないのであまり長さは感じない。まあ舞台は豪華なダームの塔みたいなもんだし……。 後の作品に比べジャンプアクション要素が強いので苦手な人は大変かもしれない。逆に慣れると移動と戦闘を兼ねた動きになって上手くなった気になってくる。

謎解きの一部はYs Iのものを踏襲しており、古参プレイヤーならニヤリとなる演出が用意されている。また、主人公によって謎解きの解決方法が異なる場面もあり、そのあたり飽きさせない工夫はある。

終始塔の中で動くことになるため、装備の買い替えはない。その代わり道中で入手したクレリア鉱を使って武器を鍛えるという形で強化することができる。さすがイースの民。クレリアの扱いなどお手の物なわけだ。

アクションRPGとして楽しいユニカ編、アクションシューティングで雑魚との戦いは楽だがボス戦はちょっと……なユーゴ編をクリアし、真のルートであるトール編。鉤爪をクレリアで鍛え上げ、悪魔の回廊をブーストの続く限り魔人化で押し通す小細工無用なスタイル。 そして塔の頂上で待ち受けるのはラスボスのダレス……を倒したら更にラスボスが……ダーム!鉤爪ではダームは倒せないらしくこれを使えと渡されるのがシルバーソード!……シルバーソード?まあロダの木の根元に埋められるし出てくるけどクレリアで鍛えた武器より強いの……?という疑問が。修復の際にクレリアを使ったか。

ダームを倒しエンディング。地下で長い眠りに入るレアとフィーナ、地上で闇の一族とともに生きていくことを選ぶユニカとユーゴ、イースの騎士に復帰し天空へ帰るトール、再び天へ昇るイース。なのだが、地上で消滅したのに700年後には天空のサルモン神殿にいたザバとダレス。という疑問は残る。まあ消滅だからダームの復活とともに一緒に復活したんだろうきっと。

Ys II Chronicles

Ys I Chroniclesとセットで購入。この文章はほぼ1年くらい前に書く予定だった。

Ys Chronicles II

Ys Chronicles II

  • DotEmu
  • ゲーム
  • ¥600

IIからの追加要素である魔法について、操作が固定ボタンなので押し間違えの可能性が出る。エターナル版で魔法の仕様が変更となり、ファイアの魔法が溜め撃ち可能となった。オリジナルよりもやや複雑な仕様。また、鷹や隼の彫像の仕様も変化した結果、エグい角度で敵を追うファイアの魔法はもう見られない。

クリア回数によってイベント解禁要素あり。これによりフィーナとレアはアドルがイースに着いたのとほぼ同時期にイースにいたことが判明。ふーん程度の感想。

人物キャラ全員に好感度という要素がついた。贈り物アイテムを4回あげるとMAXになる模様。でも一度に持てる数は3つ。どうせ作業なんだから99個持たせろや……!全員の好感度をMAXにするというAchievementがある。DotEmu名物地獄のAchievement。

レアの好感度をMAXにすると、エピローグでアドルとフィーナを残してみんなが出ていくときにアドルに「上手くやんなさいよ」みたいな感じでウィンクしてくれる。レア姉さん……!

Iではフィーナの3サイズをゲットするイベントがあったが今回は溶岩の村の少年タルフの3サイズをゲットする隠し要素がある。それ要るのか?しかもフィーナのときとは違い結構敵が強くなっている段階でわざわざ遠回りしないと見られないイベント、そしてもちろんAchievement。

ボスはやっぱりPCエンジン版とは強さの感覚が違っていて、PCエンジン版では手こずったボスが本作ではザコ、PCエンジンでは弱かったのが本作では歯ごたえがある、みたいな感じだったがダレスはどっちも楽。ダームもあまりレベル上げの必要はなかった。

エターナル版では特に目新しいものはないのだが、クロニクル版限定でエピローグのフィーナが部屋から出ていくタイミングで一枚絵が挿入される。この絵がアドルとフィーナの心境を如実に表していてこのためだけでも買って良かったと思わせてくれた。特にアドルの喪失感に満ちた表情。これきっかけでアドルは普通の人間の女性には興味を示さなくなってしまったのかもしれない。

エンディング曲には当たり前のようにボーカルが。またかーーーーー!クロニクル版はボーカル無しなので良かった。

Ys I Chronicles

iOS版が当時セール中だったので購入。もともとちゃんとやりきったのがPCエンジン版だけなのでファルコム制作のバージョンもプレイしてみたかったというのがある。

イースIクロニクルズ

イースIクロニクルズ

  • DotEmu
  • ゲーム
  • ¥600

移植はDot Emu。印象として、ドットはエミュれるがAchievementが鬼。人物もモンスターもコンプしたけど解除されないAchivementがあるからバグなのではと疑っている。

バーチャルパッドの仕様は良い方。キャラ移動のUIは固定配置ではないのでタップするところ間違えて動かないみたいなことは一応無い。ただ、エターナルからの仕様で移動が8方向になったのがバーチャルパッドとの相性もあってか半キャラずらしがやりづらい。

本作について調べたところ、元は「イースエターナル」というタイトルで1998年発売、その後「イースI.II完全版」としてイベントグラフィック変更したバージョンで2001年発売、それをPSPに移植して「イースI&IIクロニクルズ」というタイトルで2009年発売、それをiOSに移植、バラ売りして「イースIクロニクルズ」というタイトルで2015年発売、という経歴であるので、以下の感想は20年前や17年前の作品に対してということになる。

バルバドの港町が追加された。エターナルの追加要素らしい。プロローグだけの存在意義かと思いきや面倒なAchievementもある。それ絡みでTalwarlが店で買えそうに見えて買えなくなった。フィーナ救出後にバルバドでタダで入手できる。そこまでストーリーを進めるとバルバドの港町の存在は忘れているので入手しそこなったりするが、ダームの塔序盤でも入手可能である。道中、Silver Swordを奪われる場面があるのでただで入手できるのはありがたい仕様変更とも言える。

Silver Sword絡みで言えば、Lv8以上でないと廃坑に入れない制約が発生し、序盤でロダの実が入手できなくなった。また、レアのハーモニカを聴かないとロダの木がSilver Swordの話をしてくれないのでレアのハーモニカを聴くことが必須イベントになった。これはシナリオ上の矛盾の解消目的かもしれない。

シナリオはオリジナル準拠。オリジナル準拠なので中盤でレベルカンストしてダームの塔以降はアクションゲーム化する。その分ダームの塔内のボスキャラはそんなに強くない。

ただし、ダルクファクトはちゃんとキツく、アドルが8方向に動けて移動スピード速いならその分高速弾をたくさんばらまけばいいじゃない感。なぜかEVIL RING装備だと勝率が高い。道具の説明を見る限りパラメータアップの効果はなさそうなのに。プラシーボ効果とか「EVIL RINGで秘めた闘争本能が目覚める→身体は闘争を求める→アーマードコアの新作が発売される→ダルクファクトに勝つ」みたいなものかもしれない。理論上はPOWER RING装備が最適なはず。

今作のボスは本体に当たり判定があるので1回の接触で1回しかダメージを与えられない。このため、ボスに連続してダメージを与えづらくそのせいでオリジナルより強くなったボスがいる。例えば最初のジェノクレスは連続でダメージを与えづらいので長期戦になる。一方、その後のニクティルガーは当たり判定のおかげでうっかり頭に突っ込む事故が起こりづらくなっている。

アドルが8方向移動になったので戦いやすくなったボスもいる。ピクティモスはカマの軌道が変わったのもあるが、8方向移動が可能になったことで避けやすくなった。しかし、ヴァジェリオンとダルクファクトは相変わらずキツい。

イース1作目やりたいと思ったらこれが一番お手軽なのでは。オリジナルとテイストは異なるものの十分面白い。

スタッフロール曲はボーカル入り。ボーカル入りかよーーーーーーー。エターナル版もクロニクル版も。

「スナックバス江」は書店で買いたかった

「スナックバス江」の1巻が発売された。私は連載の初回から楽しく読んでいたので、発売が待ち遠しかった。

 

スナックバス江 1 (ヤングジャンプコミックス)

スナックバス江 1 (ヤングジャンプコミックス)

最近は本を買うときは電子書籍>Amazon>近所の書店という優先度で買うようになった。書店では目的のブツを探すのが面倒だし本棚のスペースには限りがあるのでよっぽどでないと電子書籍で済ませるようになった。そんな中での本作は電子書籍やネット通販ではなくどうしても書店で買いたかった。

今のヤングジャンプ連載作品は結構粒ぞろいでメディアミックスされた作品も多くそういう作品が平積みされる。そういう作品は普通に売れる。しかしスナックバス江は違う。まず平積みされない。新刊なので目立つ陳列はされているがどうも入荷数が少ない。私が手にしたときには残りは1冊だけで、実は超売れているのかと思ったが売り上げランキングでは高くないのでやはり入荷数が少ないだけのようだった。

だからこそ書店で買いたかった。店員にスナックバス江を発売日に買う人間がいることを知らしめたかった。スナックバス江が売れることを知らしめたかった。ただそれだけだった。

PS4を修理に出した話

実のところ症状自体は購入直後から起こっていた。症状とはスタンバイモードから復帰させると青ランプから電源が落ちるというものである。その後は電源を入れても一瞬だけ青ランプが点灯した後に電源が落ちるのだが、コンセント外して約10秒以上放置してから電源を投入すると復帰する。まあ放電させれば良いというのは何となく分かる。

似たような現象はPS4発売直後から良く見かけた(「Blue Light of Death」とか言われる)のだが、スタンバイモードからの復帰限定という話は見たことがなかった。加えて初期不良っぽい話なのだが私の場合は発売から1年以上過ぎた2015年12月。初期不良と言うにはちょっと放置しすぎではある。

ずっとこの放電作戦やスタンバイモードを使わない方向でしのいできたが、半年近く前に間違えてスタンバイモードにしてしまった後からの復帰で現象が発生し、それ以降電源が入らなくなってしまった。PS4の製品保証期間は、3年保証サービスに申し込んでなければ1年。購入後1年ちょっとで電源が入らなくなるというナイスソニータイマー。こちらとしては操作上の落ち度は一切無いという認識であるため、非常に不本意ではあるのだが修理に出すことにした。

手順としてはPS4サポートページにあるように、事前にカルテを記入し、PlayStationクリニックに送付という流れ。その後、修理費用の連絡が来て修理済みPS4の送付と引き換えに修理費用を支払う。

修理費用一覧によると電源周りの修理は7560円か19440円。運が良ければ7560円かとも思っていたが、症状的にどう考えても基板。案の定メイン基板交換とのことで19440円の支払いとなった。いっそ新品を買い直すかとも思ったが、1TBモデルの定価は34980円。修理費用としては少々金銭的負担が大きいが同じモデルの新品を買うなら買うでより金銭的負担が大きく感じるこの絶妙なバランス。このバランス調整はゲームで味わいたかった。

修理して帰ってきたPS4は電源周りのトラブルを一切起こさず、ちゃんとスタンバイモードから復帰する。やっぱり設計上のミスなんじゃねーの?と思ってしまう。今思えばXbox360RRoDに対するMicrosoftの対応は神だったんだなって。

サポートページにある通り、HDDをつけて修理に出させられ、HDDの中身は完全に初期化されて戻ってくる。GREAT THINGやGIGANTIC BITEとのふれあいの記録ももちろん消されて帰ってくる。サポートページには予めバックアップを取っておけと書かれているが電源入らないから取れない。

しかし、落胆はない。こんな素晴らしい事って有りませんよ……だってそうでしょう?GIGANTIC BITEともう一度……もう一度タマの取り合いができる……。別に何度でもできるけどな。