読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

や16ぁ

やる気なんて初めから無かったんだなぁ

ファイアーエムブレム 覚醒

実は「ファイアーエムブレム」シリーズをプレイするのは「〜聖戦の系譜」以来なので16年ぶりのファイアーエムブレムということになる。

ファイアーエムブレム 覚醒

ファイアーエムブレム 覚醒

事前情報ではマルスを名乗る人物が現れたり、チキが成長した姿で現れるという話を聞き、いかにも過去作ファンを取り込むための演出だなぁと思いつつもそれに乗っかる格好となった。当時は完全幼女だったチキの胸に谷間が……。
16年もブランクがあるので難易度はノーマル、モードはクラシックとした。確かにノーマルだと難易度はそんなに高くない。ヌルまった腕に丁度良い難易度だった。序盤はメンバーが少ないし、敵は結構一斉に襲いかかってくる印象があるのだけど、味方の成長率もハンパではなく、モリモリ育ってクラスチェンジする頃には簡単には攻撃を食らわなくなる。それに加えてダブルによる支援効果や成長すると取得できる各種叫びのスキルによりさらにステータスを向上させた状態で戦えるため、上手く陣形を組んで戦えばかなり楽になる。しかも今回はランダム戦闘もあるので経験値稼ぎに困ることもない。そのため自軍が弱くてシナリオが進められなくなることは無い。
今回はキャラ同士の友好度を高めて果てには結婚するというシステムがあり、結婚すれば彼らの子供が自軍に加わるイベントが発生する。「聖戦の系譜」のときは後半の難易度に直結するためにかなり戦略的にカップリングを選定する必要があり、競争馬の配合をやっている気分になったが、今回は親世代が現役のまま子供世代と共闘するため、子供が弱くてもあんまり困らない。そのため、配合というよりもお見合いを世話する人の気分に近い。ゲームの中のキャラはすぐにカップル成立するのに俺らときたら。
というか子供の初期パラメータは職業に応じた最低限のパラメータが確保されているようなので、私が「聖戦の系譜」でやらかしたアゼル(マージ)とアイラ(ソードファイター)が結婚してしまい、子供のスカサハ(ソードファイター)の攻撃力が低すぎて使い物にならず泣く泣く最初からやり直した、などということは起こらないようになっている。主人公は軍師ということで戦略を立て用兵に重きを置く職業なのかとおもいきや力も魔力も守備力も魔法防御も高いので普通に前線に出て時に盾役までこなす。
そんな中、マムクートのノノと結婚してしまう主人公。


ノノたん

どう見ても幼女だが年齢は約1000歳。「1000歳の幼女」って「100年に1人の声」みたいな響きだな。1000歳じゃなかったら完全に法に触れるレベル。終いには実の娘からすらロリコン呼ばわりされるザ・松田(主人公の名前)。



娘のンンたん

加えて相性占いではノーマルなカップリングに加えて同性カップリングの相性もサポートとあらゆる嗜好にバッチリ対応。これが任天堂/インテリジェントシステムズの本気だ。