や16ぁ

やる気なんて初めから無かったんだなぁ

ミスター味っ子

既に火曜日に最終回を迎え、昨日見たのだが、自分の心を整理するために一日を要した。
私はこのアニメに出会えてよかった*1と思う。
ブラボーおじさんのタイトルコールがない最終回。前回があんな引きだったので、ブラボーもないだろうとは思ったが、最終回であることを再認識させられ、ちょっと切なくなる。
玉子焼きが食べたいというしげるに対し、全身全霊をかけて玉子焼きを作るみつ子。料理は技術ではない。心である。神田川敏郎がテレビで言うよりも前に、アニメで全国にそう語っていた味皇はスゴい。いや、アニメスタッフもスゴい。
そして味皇の復活。復活と同時に何かが飛ぶ。その何かを見て、散り散りになっていた料理会の面々が味皇の復活を知る。全く意味の分からないシーンだが、感動してしまう。
最終回はエンディングも一味違う。「本日の営業は終了しました味っ子の終焉にふさわしいラスト。エンディングまでが一つの作品なのだ。こんなアニメはそうそう無い。最終回までアツいノリで全99話。DVD-BOXになって本当に良かった。この作品は是非とも手元に置きたい。そう思わせる作品だ。

*1:虹野沙希」という名前よりも先に「菅原祥子」という名前を思い出した私は本当にダメだと思う

広告を非表示にする