読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

や16ぁ

やる気なんて初めから無かったんだなぁ

第2次スーパーロボット大戦Z

なんか去年10月に破界篇を始めていたらしいから再世篇込みのクリアで大体半年ちょっと。クリアに4年かけてた1作目に比べれば随分な進歩。それもそのはずでこの作品は確かにまだ進めやすかった。

第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇 SPECIAL ZII-BOX

第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇 SPECIAL ZII-BOX

第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇

第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇

小隊制が廃止され、ユニットは単体で操作するようになった。このため小隊の構成で頭を悩ますことはなくなったし、小隊絡みで複雑化した戦闘システムもシンプルになったし、ストーリー上特定ユニットが強制出撃するせいで小隊を組み直すことになって半ギレになることもなくなった。むしろ強制出撃ユニットを積極的に改造して楽しんだりしていた。小隊制廃止は全てにおいてプラスに働いている。小隊制は各作品の主人公格ではないサブキャラを大量投入して使うためのものだったようなものだが、廃止によってサブキャラも大幅にリストラ。しかし登場しなくなったわけではなく、主人公級キャラの武器演出の中で登場するようになったのでそれなりにキャラ立ちは維持している。合わせて武装の種類が増えて戦いのバリエーションが増えた。

改造は以前よりも気軽に行える。基本的に改造が無駄に終わることは無く、後継機が出た時は改造が引き継がれるので好きなキャラを育てやすい。ストーリーに密接に絡むキャラは特に再世篇では長期離脱することもあるが復帰時はちゃんと強くなって帰ってくるから無駄にならない。攻略サイトとか一切見ずにプレイしていたので実際は改造代返せって思いながらプレイしていた。

その他の部分も破界篇と再世篇の間でも変更点があって煩わしいところが解消された結果、自軍がこれまで以上に強い感じが。おかげで再世篇プレイしたあと破界篇プレイしづらいな気持ち的に。

オリジナルでも(本放送ではなく再編集版で)和解したとはいえキラ教(≒ラクス教)に強制入信させられたような感じだった我らがシン・アスカ。第1次で素直な和解の仕方をして結果本作でキラにさん付けアスラン呼び捨てという格差社会を形成。あまりにナチュラルに使い分けててびっくり。

第3次は様子見感があるのでとりあえず2周目やるか。