読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

や16ぁ

やる気なんて初めから無かったんだなぁ

今更だが「Newスーパーマリオブラザーズ2」は面白いけどつまらなかった件

人間年をとるとゲームショップに行くのも億劫になってくる。ここ最近は「家電エコポイントで貰った商品券でゲーム買う」から「電機屋のポイントでゲーム買う」もしくはAmazonにシフトしつつあるのだが、なにせ生来の面倒臭がりが進化し、家から出ずにゲーム買いたいとか、真夜中なのにすぐにゲーム買いたいという感じで欲求がドンドン悪乗りしている。従ってPSPのオンラインショップはかなり重宝していた。この度、Nintendo3DSでもオンラインショップ上で3DSソフトが買えるようになり、その縁で試しに買ってみたのだった。

New スーパーマリオブラザーズ 2

New スーパーマリオブラザーズ 2

ゲームシステムは前作「Newスーパーマリオブラザーズ」に準拠している。基本的に5ワールド構成で隠しで3ワールドの構成。アイテムは前作のもの+マリオが金粉まみれになるアイテムという感じ。
今作のマリオは拝金主義を全面に押し出したのか、プロローグで守銭奴と化したマリオとルイージが舞ってるコインを追いかけている間にピーチがさらわれるという個人的には中々衝撃的なオープニングだった。だがやっていることはいつものマリオであり、相変わらずジャンプアクションとしてしっかりとした作りになっている。だからゲーム自体にあまりストレスはない。
拝金主義を全面に押し出しているので金粉まみれになってブロックをコインに変えたり、エリアごとで集めたコインの記録がされたり、トータルの取得コイン枚数を記録したりするが、攻略のモチベーションとしては無いといっても良いほどの存在。最初に100万枚のコインを集めようみたいなことを言われるが、普通に全エリアクリアするだけでは精々2〜30000枚かそこらで、100万枚を集めるためには相当な作業が必要となる。コインラッシュモードというコイン集めに特化したモードもあるが、別に1回で1万枚取得できるとかそういうわけでもない。というわけで、ゲームとしては面白いんだがマリオとしてはつまらないというちょっと気の毒な感想なのだった。