読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

や16ぁ

やる気なんて初めから無かったんだなぁ

「Infinity BladeII」がリリースされたので「Infinity Blade」を買って遊んだ

格別に美しいグラフィックとやたら多いレビューが気になっていたので買ってみたというのが本音で、全然予備知識のないまま遊びはじめた。初めは確かにストーリーの短さが気になったけど、まぁそういうゲームなんだしということで気にもならなくなってくる。むしろ戦闘がメインのゲームなのでストーリーは正直どうでも良い。目の前の敵をどうエレガントに倒すかが興味の中心になる。
敵の攻撃をかわし、隙を突いてダメージを与えていく。攻撃を躱すには盾でブロックするか、左右ステップで躱す(ドッジ)か、剣で弾く(パリィ)かになる。序盤は敵の攻撃パターンも少なく、武器による攻撃しかないのでパリィだけでどうにかなる。慣れていなければドッジでもブロックでもどうにかなる。しかし、周回が進むとパリィできない攻撃、ブロックできない攻撃、ドッジできない攻撃を仕掛けてくるようになり、相手の挙動を見て適切に判断する能力を求められるようになる。この難度の上昇具合が絶妙で周回プレイでも飽きさせない。
経験値を稼ぎレベルを上げることが必要なのだが、このゲームのシステムはちょっと独特で、戦闘で得た経験値を装備品に割り振り、その分の経験値が有効とされ、一定量貯めることでレベルアップする。装備品には固有でマスターまでの経験値が設定されており、マスターになればパラメータを上げることができる。マスターになった時点で経験値を振ることはできず、捨てられることになる。従ってマスターになった装備はとっとと他の未マスター装備に切り替える方が良い。装備を入手するにはカネが必要になり、結果金稼ぎに最適化された攻略パターンとなる。
漫然と経験値稼ぎをする場面は存在せず、戦闘は常にある程度の緊張感と工夫を要求される。個人的には「ドラゴンヴァラー」のような印象を受けたが、「Infinity Blade」のほうがより戦闘シーンに特化しているので退屈な場面は少ない。
iPad2でも時折引っかかりを覚えるような動作でかなりのハイスペックを要求されるゲームだが、このレビューを読んで興味を持っていただければ買って損はないと思う。当初700円だったようだが、値下げか円高反映かで現在500円。