読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

や16ぁ

やる気なんて初めから無かったんだなぁ

心をギュッと抱きしめて / 渡鬼おやじバンド

テイチクの方からお声をかけていただいて
〜サービスブランド初登場時インタビューより〜

「あと4回!」というCMでのえなりの声のほうがその週のえなりのセリフよりも長かったという最終シーズンクライマックス直前の「渡る世間は鬼ばかり」。その劇中に登場するおやじバンドがついにメジャーデビューを果たしたというわけだ。

心をギュッと抱きしめて

心をギュッと抱きしめて

前作はインディーズレーベルからの発売で、今回はテイチクからの発売。マジ歌選手権のサービスブランドみたいだ。前作のジャケットはメンバー全員バラバラというか日常の服装でデザインもワードアート臭が強かったが、メジャーレーベルに移ったことで予算が増えたのかおそろいのジャケットにワードアート臭漂うデザインとなっている。
渡鬼世界ではCMディレクター加津に見出され、Web限定CMのBGMに使われるやブログやツイッターで話題を呼び、福島での震災復興チャリティーおやじバンドライブにも参加。数々のおやじバンドイベントに参加し、もはや全国ツアーと言っても良いレベルの活動。しまいには幸楽にはおやじバンドファンの女子高生が押しかけるというどっかの広告代理店でもさすがにこんなシナリオは描かないだろうというほどのブレイクを果たしている。なお、「バンド」ではなく「おやじバンド」である。そこを崩してはいけない。
1曲目の表題曲「心をギュッと抱きしめて」は前作の「熟年援歌どうだ節」みたいなノリで、「金はないけどヒマならあるさ」という歌詞は「髪は薄いが脂肪は厚い。どうだ!」みたいな開き直りにも近い力強さがある。2曲目の「青春は心の中に」も明るいフォークソングで安定していると言える。
実は結構前にAmazonで予約していたのにAmazonが商品確保に失敗したのか、発売後1週間になっても一時的に在庫切れ、入荷時期は未定という状態。劇中同様現実世界でも大人気でオリコンランキングも楽しみだーと思ってみればAmazonのランキングではJ-POPカテゴリで608位とか。テイチク手でプレスしてるのかしら?