や16ぁ

やる気なんて初めから無かったんだなぁ

銀魂

今一番面白いアニメはアニマックスの「ミスター味っ子」だと思う。20:30という微妙な放送時間のために普通に見逃すこともあるがハズレ回はまず無いと言っても良い。では今一番危険なアニメは何かと問われれば私は迷うこと無く「銀魂」と答える。
2年目前半くらいはシリアスとギャグが割とうまく混ざっていたのだが、2年目後半くらいから1クールの序盤5〜6回分をシリーズ構成の大和屋暁シリアスなエピソードを書き、その後は主に横手美智子と下山健人でギャグエピソードを書き、半年に一回脚本陣総出で悪ノリするという完全に分離した構成になっている。で、年が経つにつれてギャグの部分がどんどんとんがっていき、今では地上波夕方に放送していること自体が奇跡のような有様になった。結果、オープニングで「北斗の拳」のドストレートなパロディをすることになったと。しかもケンシロウから千葉繁ナレーションまできっちりこなす阪口大助と、発注通りきちんと「愛をとりもどせ!!」のニアミス楽曲をリリースするAudio Highsの仕事っぷりがものすごすぎてハードなパロディだった。これに限らずAudio Highsの曲は場面場面でファニーにハードにウェットにとメリハリのきいたBGMで何気に良い仕事していると最近になって思う。
本編は本編でなんかアレで、オープニングの放送事故スレスレなマグネタイト不足みたいな絵や嘘提供テロップもヒドかったが一応原作の流れを踏襲しているのになんで視聴後の疲労感がハンパないほどの濃厚な内容になるんだろう。小林ゆうのいつも通りの体当たりによるヤクザの舎弟風演技も濃い。しかし今回の場合ストーリーと演出なんだろうきっと。バカ話なのに「DAWN OF THE DEAD」や「トレマーズ」のような緊張感がある。重たいバカ。今週ほど実況に参加したかったエピソードはないかもしれないなー。

広告を非表示にする