や16ぁ

やる気なんて初めから無かったんだなぁ

ツンデレって?

今更言うなよって感じなんですけど、実はツンデレというものを把握しきれていませんでした。
ツンデレ」の説明文として、「普段はツンツンしているけど、二人きりになるとデレデレになる」というものがあります。また、「ツンデレ」な人を如実にあらわすセリフとして思い浮かぶのは、「べ、別に〜じゃないんだからねっ」というところでしょうか。前者は特殊条件下によるツンとデレの切り替えが発生する性格の持ち主をあらわし、後者は照れによってデレに陥りそうな事態を持ち前のツンで隠す(しかし隠しきれない)というところでしょうか。要はまぁ、別モンじゃねぇの?っていう疑問です。
こういうときにはWikipedia。早速Wikipedia調べてみると、個々の解釈によって適用範囲が異なるようですが、基本的にツンとデレ双方の性質を持ち合わせた性格であるというのが条件であればツンデレの条件に当てはまるようで、先に示した二つの例についても、ツンとデレのバランスこそ違えど本質的には同じものであるということがわかりました。あえて言うなら、心の変化による「デレをツンで隠す」から「デレ」への移行というかたちで一まとめにできるでしょう。
とまぁ、知っている人には今更何言ってるんだオマエというところでしょうが、私自身にとってみれば、曖昧だった部分が多少なりとも明確になりました。
結局のところ、ツンデレはあくまで心理的なものを示す言葉なので、この記事の中で紹介されている某ティーン向け女性雑誌の記述の「コーヒーはブラック派」とか「夏休みは野外ロックフェスに行く」というのはまったく無関係な要素となります。
で、このまま締めても良いんですが、

 このページを、「3度の飯よりツンデレが好き!」と豪語するアキバ系男子に見てもらった。

 「(読みながら)・・・野外ロックフェスはないな(笑)。でも、女性誌にしてはイイ線いってるほうだと思うよ。今年の1月頃に発売された某女性誌のツンデレ特集はひどかった。『新品よりお古を愛用』とか『好物はラーメンとお好み焼き』とか、全然イメージの湧かないことばっか書いてあってさ〜。ビックリしちゃったよ」(23才 アキバ系男子)

上記引用部分を読むのが他の部分を読むのよりも数倍キツかったということだけ明記しておこうと思いました。なんだろう、同族嫌悪?

広告を非表示にする