や16ぁ

やる気なんて初めから無かったんだなぁ

華氏911

内容はともかく、邦題の「華氏911」ってタイトルが非常にダサいなぁと思っていた。華氏といえば温度をあらわす単位なので、それと同時多発テロの日にちである911を合わせること自体に違和感を感じていた。
だから、こんなダサいことをするのは邦題を考えたヤツしかいないと思っていたのだが、カンヌ映画祭オフィシャルページによると、原題はご存知のとおり「Fahrenheit 9/11」。なんか邦題より意味が通じない
確かマイケル・ムーア本人もインタビューか何かで言っていたような気がするが、「Fahrenheit 9/11」というタイトルは「Fahrenheit 451」を捩ったものだそうで、「Fahrenheit 451」はちゃんとした意味があるからいいんだけど、「Fahrenheit 9/11」には意味が無い。せめて「Fahrenheit 911」というタイトルにして、の体内の中性脂肪が自然発火する温度とか適当なこじつけをしてくれたほうがまだタイトルに納得できた。
映画の内容はすばらしいのだろうから、マイケル・ムーアの監督としての力量は確かなものだろうと思うが、タイトルのセンスがないので、エンターテイナーとしては今一つというところだろうか。
ちなみにタイトルに関する指摘は既にawake in a muddleさんで行われておりました。はやい。いや、うちが遅い。

広告を非表示にする