や16ぁ

やる気なんて初めから無かったんだなぁ

花より男子

山本耕史で思い出したのがコレってのもなんとも情けない話だが、ちょっと書いてみる。ちなみに、山本耕史は花沢類の役。基本的に、職業声優が出てくることはほとんど無く、キャストの大半が普通の俳優だったことがひとつの特徴だろうか。山本耕史の渋めの声がじっくりと堪能できるアニメ。ちなみに最終話付近の作画は目を覆わんばかりの悲惨さ。内容は最初のほうは覚えていたのが、だんだんぬるま湯のような展開に物覚えが悪くなり、最終回に向けてアニメ独自の展開になったときは作画の悪さも相俟ってもうさっぱり。そんな展開。原作に対するアプローチは「流星花園」の方が上。それでも内田有紀主演の映画よりはマシだったと思う。そんなような位置づけだ。

広告を非表示にする